ご相談~お受入れまでの流れ

①お電話で「入所 / 転院 を検討している」旨お伝え下さい。

 

 

②下記の情報をFAXにてご提供下さい。FAX 0422-46-1837
 

・診療情報提供書

pdf 診療情報提供書(紹介状) 介護療養型医療施設入院相談用.pdf (0.26MB)

 

・ADL評価表

pdf ADL評価表(病棟入院受入資料H28.8.13).pdf (0.7MB)

 

・血液検査データ(血算一般5種・炎症反応CRPアルブミンAlb 必須)

  他に基礎疾患に関わる検査結果が有る場合、データを頂けますと大変助かります。

 

※1.何か感染症の検査結果が有る場合、そのデータをお願い致します。 

※2.書式は内容満たしていれば、必ずしも当院書式でなくて構いません。

 

 

③提出頂いた情報を基に一時判定を行います。

正式に 相談受付 が可能かどうか 判断をさせて頂きます。


  

       ▼

         ▼   が可能となったら、

      




④ご家族様と当院 相談員にて面談を行います。

ご来院の際、下記の物をお持ち下さい。

・介護保険被保険者証、介護保険負担割合証

・介護保険負担限度額認定証(お持ちの方のみ)

後期高齢者医療保険者証

・後期高齢者医療保険限度額認定証、指定難病

   受給者証、原爆被爆者証 等(お持ちの方のみ)

 





  

面談では・・・


頂いた患者様の診療情報提供書等の内容を含め、ご家族様に聞き取りや確認をさせて頂き、介護療養型医療施設として、当院で 可能な事 ・ 不可能な事柄等 の概要説明や入所にあたって、ご家族様からのご希望・ご要望を確認させて頂きます。併せて病棟等の施設を相談員がご案内しながら見学をして頂きます。

(場合によっては、当院スタッフがご本人様と面談をさせて頂きます。)

 

           ▼
   ▼
   ▼


⑤入所 (最終)判定会議を行います。

頂いた情報や面談時のご家族様の希望や要望を 医局 ・ 看護部 ・ 介護 ・地域連携室スタッフで入所 判定会議 を実施し、当院でのお受入れが可能かどうか総合的に判断させて頂きます。

 

 

⑥入所の可否を紹介元様にお伝えします。

ご紹介頂いた 病院・施設 ソーシャルワーカー 様、在宅の場合には 居宅介護支援事業所 ケアマネージャー 様宛に受入可否をご連絡させて頂きます。

 

 

⑦お受入れが可能となった場合、ご家族様「入所希望」の意思表示を承りましたら 後日受入の日取りをご連絡致します。

 

 

⑧受入前に契約書類一式をお渡しし、重要事項説明書を基にご説明させて頂きます。

 

 




   ▼
   ▼
   ▼


 ⑨お受入れ(入所・入院)

当日は下記の物をお持ち下さい。

    契約書類一式(ご記入・ご捺印済みのもの)
    診療情報提供書の原本(最新のもの)
    現在お飲みになっているお薬
    看護サマリー(前の病院もしくは医療機関の診療・看護記録)
    介護保険被保険者証、負担割合証、限度額認定証(対象の方のみ)
    医療保険被保険者証コピー、限度額認定証(対象の方のみ)コピー
    保証金  ・20万円 [ 多床室 身元引受人・連帯保証人お揃いの方 ]

       ・40万円 [ 多床室 身元引受人のみの方 ]

                    ・50万円 [ 差額部屋をご利用される方 ]

      (預り証を発行し退院時にご精算させて頂きます。)




ご入院に際して


    身の回り品は最小限にお願いしております。
    → 現金、アルコール類、貴重品、高額な物はお断りさせて頂きます。

    電源を要するものは別途電気代が掛かりますのでお知らせください。
    → テレビ、電気シェーバー、ラジカセ等

    病院で提供する食事以外の食物は原則禁止とさせて頂いております。
   


ご退院に関して


当院は、基本的に終身で ご入所・ご入院 頂く介護保険施設となっておりますが、

万一、退院・転院をご希望される際にはご遠慮なくご相談下さい。

 



※一度ご退院後、再入院される場合でも新規入院のご対応となります。
※医療ニーズの重度化・問題行動発生の場合など、当院での看護・介護の対応が困難になった場合は他院への転院をお願いする場合がございます。